品質管理

 

1)ロットチェック

ロット初品、最終品に対し、規格値を設定し各種測定器を利用することにより、寸法の安定管理を行っている。

      wpe4E.jpg (144414 バイト)    wpe4F.jpg (131208 バイト)

2)パトロール検査

2時間ごとに鋳抜ピンの状況、変形 等をチェックし、不良品の発生増加に歯止めをかけている。

3)破壊検査

その製品の不良内容チェックとして、試加工、トルクテスト 等を実施している。